レバレッジはFXの最大の魅力!

レバレッジとは、小さな資金を元手にして大きな外貨の取引を行える仕組みのことを言います。

FXでは個人投資家の場合、手元資金の最大25倍までの取引を可能としています。つまりレバレッジが25倍の取引であれば、4万円の資金を元手に100万円分の外貨を売ったり買ったりできるということになります。

ところが、レバレッジがあるゆえにFXはハイリスク・ハイリターンのギャンブルとして見る人もいます。

ですがそれは大きな勘違いです。もちろんレバレッジを最大にして何も考えもなしに取引をすれば、それはただのギャンブルとなってしまいますが、レバレッジを戦略的に賢く使うことができればレバレッジはFXを最も効率的な資産運用にする手段になります。

 

 

FXならレバレッジを使って運用効率を大幅にアップできる

資産運用はいかに効率的に資金を運用できるかが重要です。

本来、資産運用は資金が多ければ多いほど効率の良い資産運用ができると言われています。

たとえば投資資金が20億円くらいある人であれば、多くの種類の投資に分散して金利や配当などを狙った方が安全かつ効率的かもしれません。ですが一般の人には20億円どころか、毎日の生活資金とある程度の貯蓄ができるくらいの金額を稼ぐので精一杯という人が多いかと思います。

そうした中、小さな資金でもより効率的な資産運用を求めたい人にとってFXは最適の資産運用と言えるのではないでしょうか。

レバレッジを25倍まで利用できるFXのような運用効率の良い資産運用は他にはほとんどありません。レバレッジはFXの最大の魅力であり、レバレッジがあるからこそFXは人気が出るのです。

 

 

FX初心者は無理してレバレッジを最大にする必要もない

前述でレバレッジは「FXの最大の魅力」とお伝えしましたが、逆にレバレッジを高めることはリスクを大きくすることでもあります。

つまり、レバレッジをかけると小さな元手で大きな外貨を取引できるようになりますので利益も大きくなりますが、逆に受ける損失も大きくなるということです。

となると経験のないうちから無理してハイリスク・ハイリターンにするのはシ少々無謀なのではないでしょうか。
FX初心者の場合は大きな利益を狙うことよりも、まずはFXに慣れることが最優先かと思います。

経験を積んでレバレッジを賢く使えるようになるまでは、5~10倍程度のレバレッジで取引をすることをオススメします。

ただし、FX会社によってはレバレッジを自由に設定できない場合もありますので、口座を開設したときは確認が必要です。

というのも、FX会社は自分で自由にレバレッジの倍率を設定できる場合と証拠金維持率によって自動計算される場合の2種類に分かれます。

自動計算の場合、資金を多く口座に入れていればレバレッジは高くできますが、少ない場合は注意が必要です。

いつでも余裕を持った取引を心掛けるようにして下さい。

投稿者: fx-guide