FXってどんな投資?FXは投資初心者に最適!

FX(外国為替証拠金取引)は初心者が手軽に始められる投資としてとても人気があります。

FXは他の投資商品と比較しても少額でも取引ができ、さらに平日であれば24時間いつでも取引が可能になります。そんな理由もあり、主婦やサラリーマンでもFXを副業とする人は多く、なんと全国で660万以上の口座が開設されております。(FOREX FX業界データ数参照)

そもそも外国為替市場とはドルや円など異なる通貨を売買する場のことですが、株式投資や金投資など様々な投資に影響を与える基本かつ中心的な投資とも言えます。

そんなFXはこれから投資を始めるという人にも向いており、投資初心者にとっては挑戦しやすい投資分野となっています。

 

 

FXとは?

FX(外国為替証拠金取引)とは、日本円と米ドルなど、異なった2つの通貨を売買し、利益を得ることを目的とした取引のことを言います。

たとえば、あなたが今持っている100万円をアメリカに旅行に行くためにすべてドルに交換したとします。

そのときの為替レートが「1ドル=100円」だった場合、1万ドルに交換できます。
しかし旅行は中止となり、数日後にあなたの1万ドルを円に交換することにしました。
そのとき、交換時の為替レートが「1ドル=105円」になっていたため、あなたの1万ドルは105万円になって戻ってきました。
このとき、あなたはドルと円の値動きによって5万円の利益を手にしたことになります。

この場合、あなたは偶然にも5万円の利益を手にするために100万円を投資したことになりますが、実際のFXでは100万円の資金は必要ありません。

というのもFXでは少額の資金でも大きな取引が可能です。個人口座の場合は100万円分のドルを取引する場合、最低4万ほどの資金からで運用できます。

さらに最近では4千円ほどからでも始められるFX会社も多く、人それぞれの資金に見合った運用ができるとFXは人気を集めています。

 

 

株式投資よりもFXの方が初心者には向いている

どんな投資を始めるとしても、その投資分野の知識を得るために勉強が必要です。

さらに利益を得るためには、常に新しい情報を仕入れて研究しなければならない場合もあります。

たとえば株式投資だと3000社を超える企業銘柄があるため、銘柄研究や選定も一苦労かと思います。
雑誌やインターネットで優良銘柄と紹介させている銘柄でも、掲載させている時点ですでに株価が上がってしまっていることもよくあります。投資信託も同様です。

その点、株式投資や投資信託と比較すると、FXは通貨を限定して取引すれば勉強や研究に費やす時間は非常に少なくて済みます。

さらに人気のドル円やユーロ円はインターネットでも情報が多く、初心者でも取引しやすい投資となっております。

投稿者: fx-guide